カルボナーラも色々作ってきましたが、レシピがぼんやりしたパスタ料理です。卵の使う数とか、ベーコンかパンチェッタどちらを使うかとか、どのチーズ使うとか、生クリーム入れるか入れないかとか... ベーシックな作り方を見ると①パンチェッタから出る油でパンチェッタ炒める、②卵黄を一人前あたり2個使う、③その卵黄にパルメザンチーズ50〜60gくらい入れて混ぜる、④パンチェッタとソースとパスタをあえて、茹で汁を少し加える、⑤盛り付けて粗挽き胡椒をかける... こんな感じでしょうか。でも、家庭で作るとなると問題点も見えてきます。①ベーコンやハムはあるけどパンチェッタは常備していない、②卵白の処理に困る、③パルメザンがそもそも1缶¥400くらいして高価... まぁ、その解決策として生クリームとか、牛乳とか加える方法が編み出されたのでしょうね。ところで、パンチェッタってなんなんでしょうか? パンチェッタは、塩漬けした豚バラ肉を乾燥させたあと、熟成させたものです。加熱しないことから「生ベーコン」とも呼ばれています。燻製にしている(ベーコン)か生(パンチェッタ)かという違いなんでしょう。旨味の出方が違うのかなぁ。コクに関係していると仮定してベーコンを使うなら、コクを追加する食材を追加しないといけなさそうですね。冷蔵庫にありそうなものは牛乳、こいつの力を借りましょう。卵黄についても多ければ多いほどコクやまろやかさは出るでしょうが、やはり、1人前を想定すると使い過ぎです。1個でなんとかならないか、いっそ卵白まで使うか(今回のテストではつるっと飲んじゃいました)... よし、ここは卵黄のみでいきましょう。チーズはシュレッドチーズでいってみるか! で、失敗です。やっちゃいました。味は悪くないです、ただ牛乳とチーズが明らかに喧嘩してます。少し時間をいただけませんか...

食べるたびに味がバラつく感じがします。
チーズがベーコンにばかり絡んでしまいます...

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事